歯科で白い歯をゲット

歯科で歯の色を綺麗にする

トップ

歯の色が気にゆる方は審美歯科

子供のころは気にならなかった、歯の色が年齢とともに気になるものです。歯の色は、審美歯科で白くできます。歯の変色は外因性と内因性があります。外因性は、歯の治療時に残った神経が腐ったものです。対処は内部から漂白する方法があります。内因性は、幼少期に病気で抗生物質を服用することで副作用により変色します。 白くするには2つあります。1つはホワイトニング剤を使う方法で、歯にホワイトニング剤を塗り光学治療で白くします。ホワイトニングで対処できない場合、ラミネートベニアを使う方法です。歯の表面を薄く削り、その上に薄い歯を張り付けます。爪に使うネイルチップと異なりはがれません。材料は一般的にセラミックが使われます。歯の色が気になる方は、審美歯科への相談も方法の1つです。

歯が変色する主な原因について

白い歯は誰でも憧れるものですよね。歯科によると、歯が変色する主な原因はこんなものがあります。まず、タバコやコーヒー、紅茶による着色です。歯の質によって付きやすい方、付きにくい方がいますが、基本的に摂取する量が増えれば、その分それらの色素が沈着します。また、年齢を重ねることによって歯は黄ばみます。歯の内部から変わってきているので、磨いても白くはならないでしょう。他にも歯の神経をとっている場合、歯の色調が変わり黒ずんだ歯になります。最後に虫歯が原因による色の変化です。初期段階では光がなくなったような白く濁った歯の色になります。さらに進行するとその部分が黒くなっていきます。この場合は、早めの治療が必要です。歯が変色すると、不潔な暗いイメージを与えます。歯科に相談に行きましょう。